プログラム関連

【Unity】TextMeshProでかっこいいアウトラインフォントを表示する

アウトライン(縁取り)があると、背景によらず文字が読みやすくなるため、ゲーム開発では必須のテクニックとなっています。 今回はアウトラインの設定と、ポイントにわかりやすくまとめました。 TextMeshPro自体の使い方や、日本語表示などについてはこちらをチェック 事前準備 アウトラインの設定はマテリアルプリセットに含まれるため、何も考えずに編集してしまうと、同じ Material Preset を […]

【Unity】TextMeshProで日本語を表示する

TextMeshProで日本語を表示する方法をわかりやすくまとめました。 TextMeshProの初期フォントには日本語が含まれていないため、表示できません。 この四角を駆逐して日本語を表示しましょう。 TextMeshPro自体の使い方や、アウトライン表示などについてはこちらをチェック 日本語フォントアセットの作り方 事前準備 日本語を含むフォントアセットを作るには、日本語フォント( *.ttf […]

【Unity】TextMeshProの使い方

ゲーム開発でよく使う箇所をメインに TextMeshPro の使い方をまとめました。 今までの UI.Text と同じように使うだけでなく、日本語を表示したり、かっこいいフォントを表示するにはこちらをチェック 導入方法 インポート TextMeshPro を導入するには、必要なリソースをインポートする必要があります。1. メニューから Window -> TextMeshPro -> […]

ZenjectでUnityのPrefabの外部参照を減らす

Extenject / Zenject のID指定を使ってPrefab外の参照を減らしました。 レベル数や所持コイン数のテキストを表示する場合にInspectorで書き込むテキストコンポーネントを指定することがよくあります。 この例では、GameMain1 が 2つのテキストコンポーネントの参照を持っていますが、参照先が外部の Header Prefab内オブジェクトであるため、Prefabの変更 […]

プランナー向けUnity TIPS紹介 NaughtyAttributes

プランナーもUnityを使いこなすことができるとプロトタイピングに役立ちます。業務内容にもよりますが、ちょっとした遊びの検証が一人でできると非常に便利です。ここではプロトタイピングに役立つ機能や、使い方を紹介していきたいと思います。 第一回としてInspectorにボタンを追加できるNaughtyAttributesを紹介します。 NaughtyAttributes概要 NaughtyAttrib […]

HHKBを無改造でBluetooth化してみた

手持ちのHHKBに、USB2BT plus、かえうち、モバイルバッテリーを積み込んでBluetoothキーボード化した件について ※2022 5/23 追記より安くて高性能な Keyboard Quantizer B の導入記事はこちら 機器構成 かえうち キーボードのキーを好きなようにカスタマイズできるデバイス 入力 USBメス 出力 USBオス USB2BT plus USB接続のキーボードを […]

犬でもわかるvi操作まとめ

  • 2021.04.29

Dockerの仮想環境内やssh接続先のターミナル(CUI環境)で、設定ファイルを編集したい場合があります。通常はviなどを使うことになりますが、WindowsのGUIに慣れた人からすると直感的に操作ができず時間を取られてしまいます。 そんなときに困らない用にviの最低限の操作をまとめました。 vi起動コマンド 入力モード と コマンドモード viには、入力モードとコマンドモードがあります。 コマ […]