これが最強!無改造HHKB Bluetooth化

これが最強!無改造HHKB Bluetooth化

有線のHHKBをかえうち + USB2BT plusを使ってキーカスタマイズ&Bluetooth化していました。

今回は、より安く・より小型なデバイスで同等+αの機能を実現できる
Keyboard Quantizer Bを導入したので紹介します。
これを使えば、HHKB無改造でBluetooth化しつつキーボードも自由にカスタマイズできます。

もちろん、HHKBだけでなくREALFORCEや他のキーボードにも使えます。

Keyboard Quantizer B

自作キーボード界で有名な せきごんさん の作ったデバイス

Keyboard Quantizer Bの機能

  • 自由なキーカスタマイズ
    • 自作キーボード界で有名なQMKを使っているので自由度が高い
  • Bluetooth・USB接続の両方サポート
    • しかもキー入力で自由に切り替え可能
  • 安い!
    • 6,000円
  • 設定が簡単!
    • ブラウザから全部設定できるので、
      USBポートに挿して公式ページ開いてお好みにカスタマイズするだけ
  • モバイルバッテリー対応
    • 電力遮断されることなく使える!
    • USB2BTだとモバイルバッテリーによっては低電力すぎてOFFられる
  • ド安定
    • 有線版の無印Keyboard Quantizerは、一部のHHKBやRealforceで動かないなど不安定でしたが、Keyboard Quantizerはメッチャ安定動作しています。
    • かえうちと違って、稼働中にUSBキーボードを差し替えてもOK
項目Keyboard Quantizer Bかえうち & USB2BT
お値段6,000円合計2万円以上
USB / Bluetooth対応ボタン一発で切り替え(要設定)USB2BTを外す必要あり
サイズドングル1個ドングル2連結
かえうち & USB2BT との比較

セットアップ方法

① USBポートにぶっ刺す

② 公式HPへアクセス Keyboard Quantizer B

③ 公式ページで GET / SET  ボタンを押すだけ

公式HPの設定項目
  • このページからファームウェア更新などもできる
  • モバイルバッテリー対応
    • モバイルバッテリーは消費電力が小さすぎると、
      電力供給を止めてしまうものが一般的です。
    • Keyboard Quantizer Bには一定時間ごとに電力消費を増やす機能があり、
      オートパワーオフ防止機能の設定 を使うとOFFられません。
    • 手持ちの小型モバイルバッテリーだと 間隔 10秒 + 時間 5%で使えました。

Remap へアクセスして、キー入力をカスタマイズ

Remapの編集画面
  • 必要に応じてキーレイアウトにJPを選ぶ
  • 便利な機能
    • レイヤー機能
      • 指定したキーを押下することで、キーの内容を入れ替える機能
    • マクロ機能
      • 押したとき登録したキー操作を入力してくれる
      • 1プッシュで “hello wold”って入力したり昇龍コマンドもできちゃう
  • 最強の設定ができたらflashで書き込むだけ

購入できる場所


まとめ

キーカスタマイズ&キーボードのBluetooth化ができるKeyboard Quantizer Bを紹介しました。

購入しやすい価格なので、ジェネリックかえうちが欲しいだけの人にもおすすめです。